FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BB30 ボトムブラケット

5

FOCUS 組み上げの際 BB30 の予定変更がありましたのでご紹介

経緯はと言うと・・・

準備!準備!と
BB30 のベアリングをなんとか引き抜き

シマノのクランクへのコンバーター KCNC の BBを購入
1

この KCNC のコンバーターは BB 内中央でネジ止め固定できるので安定感に優れてると推測です
インストールにはホローテック固定レンチが2個いるとのことで追加で1個購入(2400円もするんだ・・・)

ここまで準備万端!

でしたが、なにせ大英帝国からクランクが届かなかったので、こっから先インストールの気力わかない日々が続き、そんなこんなでヤフオクを見ていると TOKEN のセラミックBBコンバーター新品が X千円で出品されてる!
セラミックという言葉に弱いですよね〜 皆さんも(笑)
誘惑に勝てずポチッとしたら落札しちゃたんですよね〜(入札一件)

2

BB30 は音鳴りなどのトラブルが出るそうなので2個あってもいいでしょ・・・と自分を説得・・・

TOKEN のコンバーターはベアリングは BB30 をそのまま使用する形でそこにアダプターをかぶせる形のもの
(厳密には BB30 のベアリングより内径が少々小さい専用品)
3

原理的には KCNC の方が固定も安定しているし、ベアリング位置もフレーム外に位置するので優れているような
でもセラミック!セラミック! と言い聞かせ・・・

造りは TOKEN の方がかなり秀逸でTOKEN はゴムの Oリングを介してクランクが通りますが、KCNC はペラペラのシムを介してクランクが通ります(実はこのシムで BB の傾きなどを干渉するようです)
6

そして約 1ヶ月の月日が流れクランク到着!

KCNC から変更した TOKEN のコンバーターを圧入インストールする日がやってまいりました

まずは一旦外した Cリングをはめなおします
4

ベアリングの圧入工具はパークツールの BB30ツールを購入しようか迷いましたが・・・

早まることなく良く考えるとTOKEN のこの BB30 コンバーターのベアリングが厳密には BB30 ベアリングではないんですよね〜

そうベアリング自体の内径が小さいんです!
BB30 はその名の通り内径 30mmですが、このベアリングの内径は 24mm+α !

懸念はパークツールの BB30 ツールの圧入アダプターが適合しない可能性大!
さらに取り出しツールとして使用の際も、リムーバーがベアリングを通過しない可能性あり!
サイズ記載もありませんし、試すこともできないので購入を見合わせ有り合わせの器具で代用です

圧入に準備した機材はこちら
8

ベアリング外しに使用した M12 の鉄棒とナット
M12 の量販店で手に入る最大ワッシャー
適当な穴のあいた木材(ハンズで 190円)


ここからは独自ツールですが、ベアリング外径 42mm を考え 41mm のワッシャーが理想的ですが・・・
そんなもの市販されてない(多分)ので
パイプ棚固定器具(直径 42〜 43mm)
そして手元にあったニップル回し(直径 40mm)
9

この2つがいい感じでフィットします

ではやってみましょう
まずは金色に輝くセラミックベアリングをなるべく水平にはめます
7

実際圧入を始めると垂直になるのでそれほど厳密な垂直設定は必要ありません

圧入反対側にフレームを傷つけないよう木材を
10

圧入側はニップル回し、棚固定器具、ワッシャー、ナットの順で設置
11

鉄棒が中央付近になるよう調整し、手で締まる範囲でナットをしめます
両側からスパナで圧入を始めると、傾いていたベアリングが垂直になりススス〜っとフレームに吸い込まれていきます

C リングに達するとスパナの抵抗が大きくなるのでここで圧入終了
10

ご覧のように結構フレーム内までベアリングが入ります

ここに専用ワッシャーを乗せ
11

切り込みがあるのでクランクを締め込むと固定される構造

最後にアダプターを乗せます
12

アダプターのゴムベアリングがピッタリフレームをシールします
(グリースをぬっていないので結構な抵抗あり・・・)
13

これで準備完了!

クランクを取り付け
12


はいできました!

回転は・・・
セラミックベアリングといっても・・・
かなり重いな・・・

シールドがフレームと接触した状態ですからね
シマノ純正 BB はもっと抵抗がないのか定かではありませんが・・・
カンパの CUTLベアリングクランクがいかに優れた無抵抗状態なのか再認識です!

まあチェーンをかけちゃえばこれら回転抵抗の差は誤差範囲には入っちゃうので問題な〜し!

ってセラミックにした意味を考える事は避けちゃうのでした(笑)

そしてこの状態で 200km ほど走行すると、BB から異音が・・・

早くない??

確認するとクランクにがたつきがあります
(チェーンステイとクランクをグッっとつまむとカクカクするぐらいのガタつき)

一旦クランクを外して取り付けなおすもののやはりガタつきは解消せず・・・

原理的にガタつくはずないんですけどね???
(左右から絞め切っているし、左右クランクの締め込みもまだ余裕あり)

とりあえず TOKEN BB についていたワッシャー(0.1mmぐらい)をチェーンリング側に入れて再度クランクを取り付けるとあら不思議!ガタつきがなくなりました

1

理由を考えても説明がつかないんですけど、とりあえず解決!

ということで自転車乗りに暇を与えたら余計なものをポッチってしまうというよくあるお話でした(笑)

その後、200km ほど走ってますがセラミックの恩恵を感じんことはありませんが、トラブルは全くありませんので、これで正解だったとしましょ〜
関連記事

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

お気に入りに追加♪


最近のライド↓
.
プロフィール

kiki

Author:kiki
週末自転車ライダーです
多摩川、湘南などをポタリング

最新コメント
最新記事
お気に入りリンク
Count
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
681位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
158位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
リンク
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。