超軽量ホイール

円安で海外通販も魅力なし
ヤフオクをフラフラしていると、有名どころは新品価格かよって値段まで高沸してたり景気が良いのか悪いのか、自転車乗りだけ感覚が麻痺しているのかわからなくなります

そんな私も同類なわけで、これ以上ホイールいらないんじゃないと怒られそうですが、自転車乗りの欲望は際限ないわけで(笑)
終了間際のポチっとで落札しちゃいました(なんかデジャブーな・・・)

品物は Reynolds thirty two
1
保険をかけて送付いただきました

Reynolds はご存知の通り、とんでもない値段のホイールは別として手の届く価格帯では抜群に軽量
Thirty two は既にディスコンしているホイールですが、現在でもかなり上位の軽量ホイールに位置してます

落札したはいいもののよく調べずにポチッたものだから少々厄介なことに
まあ、これもショップでポンと買ってくるのとは違った楽しみだったり、痛い目にあったりww

何かと言うと
悪い方の問題は 10S だと言うこと
これは知っての落札でしたが簡単に対処できるだろうと安易な考え

良い方の問題は、ベアリングが全て Enduro のZero Ceramic という30,000円もするものにチューンアップされていたこと
2

10S問題だけなら安価な11S 対応の加工スプロケット購入で完了。しかし、セラミックチューンのマニアックホイールとなると、完成度の高いホイールにしたくなるわけでして・・・悩ましい

というわけでナンチャッて10S ホイールではなく、キチンとした11S化をして、さらに折角のセラミックベアリングも生かすアレンジに挑戦

11S セラミックベアリング入りのフリーボディも販売されてますがバカにならない値段な訳で、なんとか安価で済ませたい

通常の11Sフリーを調達して、ついていた10Sフリーからセラミックベアリングを移行打ち直しする事に

まずは11S フリーの調達算段
Reynolds のハブは DT swiss 240S なので、対応フリーボディを調べると・・・
シマノ用が2種類あってノーマルタイプと軽量タイプ
さらによく調べるとノーマルタイプと軽量タイプはベアリング規格が違うとの事

ついていた 10S フリーは軽量タイプだったので 11S の軽量タイプならベアリング移行ができそう

安いとこを探し回りますが、こういうニッチな品物はどこも価格差がないわけで

視点を変えてReynolds フリーボディで検索すると超特価中古品があるじゃないですか!取り付け後が全くない未使用新品というおまけ付き
3
(左 10S フリー、右 11Sフリー;ベアリングを既に取っちゃってますww)

早速 10S からベアリングの打ち替えチャレンジ!
BB30 の打ち直しの経験はありますが、何せフリーのベアリングは小さい・・・
まずはベアリングの取り出し
フリー内にキッチリ隙間なくカラーが入っているので引き出そうと試みるも苦戦
ビクビクしながら軽く打ち出してみると意外と簡単に外れホッ
4

通常のベアリングも抵抗なくクルクル回りますが、セラミックはシュルシュルと回ります。まあ実際、どれだけ差があるかは不明ですが、気分が大事ですww
5

打ち込みは水平に入れないとまずいので、得意のワッシャー&ボルト
6

こんな感じでグイグイと
7

ベアリング交換が済んだところでホイールにつけるわけですけど、11Sと 10Sとではフリー、エンドキャップ共に高さが違います
9

エンドキャップをはめればその差は 1mm
8

この 1mm が結構厄介なわけでホイールセンター出しが必須
説明書にも書いてあります
10
(ホビーライダーなら実際はブレーキをチョット調整すれば良い様な気もしますが)

センター出し直し
12

はい、センターでました
14

ハンフリー側を緩めてセンターを出したので横剛性が怪しいかな?いずれ調整し直しましょうかね

リア583g + フロント453g = 1,031g
15

165

自転車乗り特有の自己満足の計量写真ww

Reynolds 純正11S フリーがついて、ベアリングは全て Zero Ceramic という完璧軽量ホイール完成!
ブルーのフリーも奇麗!(スプロケ付けると全く見えませんがww)
13

ウヒヒッ とニヤけるのでした

Bora One 50、Ursus TS38 より300g 近く軽く、そのほとんどが前後リムの恩恵
リムが150g づつ軽くなってるのはさすがに違いがわかるでしょ

て事で早速試し乗りをしましたが、セラミックベアリングの効果は・・・
全くわかりませんww
17

軽量ホイールの違いはさすがにわかります
今まで体験したことのない漕ぎ出しの軽さにビックリポン(古いかww)

走りたいよモチベーションは上がるのでした!
関連記事

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

コメント

§

のりおさん、
1kg 切るにはハブごと交換しないとダメですね。
ハブの重量は走行に影響しないので、投資するには GOKISO にするとかノメリットがないとww

カーボンクリンチャーもチューブラーも同じリムハイトなら耐久性は同じじゃないですかね。使い方の問題で、チューブラーでも真夏のブレーキ多用の箱根旧道下りとか、リムが熱々になりますから

シマノもカンパもラインナップに加えたので最近のものであれば、問題ないことが証明されたのではないですかね

レイノルズはたまに特価が出るんですよね〜

§

すごいですね~@@;
願わくばもう一声、頑張って1kg切って欲しかった(笑)

レイノルズのカーボンクリンチャーが気になってますが、
やっぱ危ないかな~^^;

§

iichan、
華奢な私にとっては 1,030g はかなり効果あるはずですよ。iichan の体格だと軽すぎてダメでしょww
ブレーキかけたら体重でリムがイチコロじゃないですか?

Bora ぐらいが丁度良いでしょ!
フリー交換!さてさてどうする?
スチールかアルミか?
スプロケットはアルテかデュラか?
金満で Red という選択肢もあるかな?

§

kame3
レイノルズは深谷産業があんまり宣伝しないから認知度が低いんですかね。レイノルズ名でプロへの供給も少ないし。

みんな知らないんですよ、Shimano、edco、INDUSTRYNINE のリムがレイノルズ製だって事ww

DT のハブだし、ある意味性能は折り紙つきですよね

kame3のレイノルズはいつも軽いんだろうなって、羨ましく思ってたので仲間入りできて光栄です!


§ ブルーが素敵

1030gはメチャ軽ですね。BORA はともかく、軽い部類に入る(ハズ)Bomaでさえ1200g台ですからね。
恐らくセラミックベアリングの効果は確実にあるハズですが、軽すぎて感じないんでしょうね(笑)
あぁ、私もフリー交換しなきゃ…。

§

レイノルズはコスパ高いと思うんですけどね、あまり使う人はいないだけに仲間が増えて嬉しい。
他改造に関しては博士の言ってることはさっぱり分かりません。^^;

コメントの投稿

非公開コメント

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

お気に入りに追加♪


最近のライド↓
.
プロフィール

kiki

Author:kiki
週末自転車ライダーです
多摩川、湘南などをポタリング

最新コメント
最新記事
お気に入りリンク
Count
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
1014位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
115位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
リンク
リンク
検索フォーム